上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
 ◇「長寿」「子宝」「政争」が有名 奄美2番目の規模、3町に2万6000人

 なるほドリ 政府が普天間飛行場の移転先として打診した徳之島ってどんな島なの?

 記者 鹿児島県・奄美群島で2番目に大きい島です。県本土から南に約400キロ、沖縄本島からは北に約200キロに位置し、鹿児島空港から飛行機で約1時間。徳之島、伊仙(いせん)、天城(あまぎ)の3町があり、人口は計約2万6000人です。

 Q 何が有名なの?

 A なんと言っても「長寿」と「子宝」です。伊仙町は男性長寿世界一記録を持つ泉重千代さん(享年120)と元長寿世界一の本郷かまとさん(同116)の出身地です。1人の女性が一生に産む子供の平均人数を示す合計特殊出生率では、3町が全国トップ3を独占しています。ちなみに1位の伊仙町は03~07年の平均が2・42で最下位の東京都目黒区(0・74)の3倍以上です。

 Q 観光地はないの?

 A たくさんあります。かつては新婚旅行のスポットでもありました。海水浴場、キャンプ場、釣り場--ときりがありませんが、闘牛が代表的な観光の一つです。約500年の歴史があり、年3回、島のチャンピオンを決める全島大会が行われ盛り上がります。最近では、00年のシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんがほぼ毎年合宿地にしていたことでも知られます。高橋さんが練習に使った道路は「尚子ロード」と呼ばれています。

 Q かつては「政争の島」だったとも聞いたけど?

 A 衆院奄美群島区(定数1)だった83年ごろから自民党の保岡興治・元法相と、徳之島出身で自由連合を設立した徳田虎雄・元衆院議員が激戦を繰り広げました。「保徳(やすとく)戦争」と呼ばれ、市町村選挙でも「代理戦争」となり、街を二分する戦いが続きました。開票所への投石、支持者同士の小競り合いなどトラブルが続出し、県警が機動隊を派遣するのが恒例でした。開票所を入場制限したり、パトカーが投票箱を護衛することもありました。

 Q 「戦争」はまだ続いているの?

 A いいえ、06年に徳田氏の次男で衆院議員の毅氏が自民党入りして対決構図が崩れ、終息しました。昨年10月の伊仙町長選では機動隊派遣が見送られ、静かな選挙になりました。ようやく落ち着いたところに降ってわいたのが今回の移設問題です。島民の中には「また政争に巻き込まれるのでは」という声も上がっています

JR北海道でも無賃乗車=関連会社6人を諭旨解雇(時事通信)
緑内障・高眼圧症領域に配合剤が相次ぎ登場(医療介護CBニュース)
老人虐待の疑い、宇都宮シルバーホームに立ち入り調査―宇都宮市(医療介護CBニュース)
「郵政法案は改革逆行」=自民・幹事長(時事通信)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
スポンサーサイト
line
 宇宙航空研究開発機構によると、米航空宇宙局(NASA)は日本時間16日、国際宇宙ステーション(ISS)の物資補給コンテナ「レオナルド」の回収作業を再開したと発表した。山崎直子さん(39)らの帰還は19日の予定で、今のところ延期はないという。

 回収作業は電気系統のトラブルで中断されていたが、16日朝、予定より約7時間遅れで再開。クルーの就寝のため、まだ終了していないが、レオナルドは16日中に米スペースシャトル「ディスカバリー」の貨物室に収納される見込み。

 回収作業のトラブルは15日夜、レオナルドをISSから取り外す際に発生、レオナルドをISSに固定しているボルトの一部に電気信号を送れず、ボルトが抜けなくなった。野口聡一さん(45)らが復旧作業にあたり、電気ケーブルを再接続したところ、ボルトは無事に抜けて復旧した。

【関連記事】
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲
山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う
「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏
外国人地方参政権問題に一石

<スカイマーク>国交省に改善計画書を提出(毎日新聞)
こいのぼりがお目見え=埼玉県川口市〔地域〕(時事通信)
時効撤廃法案 参院委で可決(産経新聞)
マンションにも弾痕=組幹部出入り、抗争警戒-福岡県警(時事通信)
明石歩道橋事故、元副署長を20日に起訴(読売新聞)
line
 福祉サービスを利用する障害者に費用の原則1割負担を課す障害者自立支援法は生存権を侵害して違憲だとして、名古屋市港区の坂野和彦さん(30)が国と市に負担廃止などを求めた訴訟は14日、名古屋地裁(増田稔裁判長)で原告側と国との和解が成立した。全国14地裁で71人が提訴しており、和解成立は6例目。

 原告側と国は1月、国が速やかに同法を廃止して新制度を作るなどの内容の基本合意を交わした。和解条項には基本合意の確認などが盛り込まれた。一方、原告側は負担額免除申請却下の取り消しなどを市に求めていたが、和解に伴って訴えを取り下げた。

 坂野さんは市内の社会福祉法人が運営する作業所で働きながら同法人の介護や移動支援などを利用している。06年4月の同法施行後、作業所利用料など新たに計約25万円の負担が生じたとして09年10月に提訴した。【高木香奈】

【関連ニュース】
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める
障害者自立支援:「1割負担訴訟」旭川地裁で和解成立
名古屋地裁:点字訴状を受理 梅尾さん「障害者の励みに」
自立支援法訴訟和解:国と原告「共に考え」
障害者自立支援法訴訟:和解…負担ゼロ、母の願い

<普天間移設>徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)
浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)
プラダの元部長、「セクハラ指摘で解雇」と民事訴訟へ(産経新聞)
福山市立大など10校の設置を諮問(産経新聞)
「最後の映像、使命感の結晶」=村本さん葬儀に500人-東京(時事通信)
line
 【ヒューストン(米テキサス州)時事】米スペースシャトル「ディスカバリー」に乗り組んだ山崎直子さん(39)と国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する野口聡一さん(44)は8日夜(日本時間9日午後)、物資コンテナ「レオナルド」から実験・観察用ラックなどを取り出してISSに運び入れる作業を開始した。
 シャトルに搭載してきたコンテナをアームを操作してISSに設置するという大役を果たしたばかりの山崎さんだが、今度はロードマスター(物資運搬責任者)としての任に就く。限られたスペースのISSに実験機材などを正しく保管する責任を負う大事な役目だ。
 山崎さんと野口さんは、実験用ラック以外にも、クルー用の個室や、日本の実験棟「きぼう」の船内実験室に設置する実験用冷蔵・冷凍庫などを「レオナルド」から運び出す。
 一方、シャトルの同僚リチャード・マストラキオさん(50)ら2人は8日夜、ISSを冷却するアンモニアタンクの交換準備や、「きぼう」の船外実験プラットホームから実験装置を回収するため、1回目の船外活動を行った。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕月面着陸から40年 アポロ11号

スペースシャトル 山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)
<総務省>山田、中田氏が顧問辞任(毎日新聞)
<ひき逃げ>女子高校生重体 京都の男を逮捕…岐阜・各務原(毎日新聞)
沖縄返還「密約」文書、東京地裁が開示命じる(読売新聞)
工藤会会長宅を捜索=ビル発砲、関与の疑い-福岡県警(時事通信)
line
 厚生労働省は3月31日、「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」(座長=堀田知光・国立病院機構名古屋医療センター院長)の第2回会合を開き、学会や患者団体などから寄せられた未承認薬・適応外薬の開発要望374件について、医療上の必要性の評価を行う専門作業班(WG)から検討状況の中間報告を受けた。当初、評価は3月末までに終える予定だったが、作業量が膨大なため、中間報告で「検討済み」とされたのは91件と全体の4分の1にとどまっており、4月末まで評価期限を延長することが決まった。

 WGは疾患分野別に7グループ設置されており、開発要望374件のうち、欧米4か国(米英独仏)のいずれかの国で承認されていることなどが確認できたものについて、「適応疾病の重篤性」と「医療上の有用性」の観点から医療上の必要性を評価。「生命に重大な影響がある疾患(致死的な疾患)」「既存の療法が国内にない」などの基準を満たしたものについては、国が企業に開発要請を行う。国内開発企業がない場合は開発企業を募集する。

 検討状況の中間報告によると、「検討済み」は91件にとどまり、「検討中」が182件、「海外承認等確認中」が101件。「検討済み」の91件のうち、国が企業に開発要請する基準を満たしていないのは4件のみ(評価が定まっていないものを除く)だった。
 ただ、厚労省の担当者によると、この91件は企業、学会、WGの3者が比較的開発に前向きなものが多かったが、「検討中」の182件は企業が開発に慎重なものが比較的多く含まれている。

 また、会合では構成員から、評価の考え方がWGごとに統一されていないことなどを問題視する声が上がり、これらの意見を基にWGは追加の検討を行うことから、中間報告で示された評価案が変更される可能性もある。


【関連記事】
未承認薬・適応外薬問題解消へ―厚労省の検討会議が初会合
未承認薬への対応「新薬開発を阻害するものではいけない」
未承認薬などの審査迅速化に9.6億円―来年度医薬食品局予算案
適用外薬36品目、11年度予算で開発へ―長妻厚労相
未承認薬・未承認適応の開発支援が急ブレーキ

G8外相会合「核なき世界」声明へ 平和利用呼びかけ(産経新聞)
参院選みんなの党から出馬せず 北口・明石市長(産経新聞)
<火災>塗装工場全焼、出火時は無人 埼玉・戸田(毎日新聞)
有識者委員ら文書欠落を批判 日米密約で参考人質疑(産経新聞)
菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で-名古屋市(時事通信)
line
 金沢市小坂町周辺の国道沿いや駐車場などで3日夜から4日早朝にかけて、車や自転車のタイヤに穴が開けられる被害が相次いだ。

 石川県警金沢東署は悪質な器物損壊事件と見て捜査を始めるとともに、近隣の住民に注意を呼びかけている。

 同署の発表によると、被害に遭ったのは、車41台と自転車3台で、穴が空けられたタイヤは100本以上に上る。キリのような鋭利な物で、横から突き刺してパンクさせられていた。車の利用状況から、同署は3日午後9時から4日午前6時半頃までの間に被害に遭ったとみている。

 乗用車2台で計5本のタイヤが被害にあった同市小金町の30歳代の男性会社員は「買って1か月もたっていない新品。家族で出かける予定があったが、あきらめた」と憤っていた。

 被害者からの依頼でタイヤ交換を行っていた、同市湊のタイヤショップの男性社員(30)によると、タイヤの路面に接する部分はシールなどで修復可能だが、横の部分に穴が開くと交換するしかないという。

<サクラ>花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下-文科省(時事通信)
<名古屋市役所>新規採用587人に辞令交付(毎日新聞)
民主静岡県連 2人目擁立見送り 党方針に反旗 参院選(産経新聞)
日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。