上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
 口蹄疫の拡大に歯止めがかからない中、赤松広隆農林水産相への批判が止まらない。対応の遅れについての批判も根強いのはもちろん、感染が判明した後にも予定を変えず、外遊を続けたことについても野党は攻勢を強めたい考えだ。

 それでも、赤松農水相は「全く反省・お詫びするところはない」と強気だ。そんな中、身内であるはずの民主党の幹部が「赤松農水相が外遊中にゴルフをしていた」と「誤報」をテレビ局にリークするなど、大臣周辺の混乱ぶりも明らかになりつつある。

■川南町を「かわなみ」と言い間違え

 宮崎県で口蹄疫の感染が確認されたのは2010年4月20日のことだが、赤松農水相が4月30日から5月8日にかけてメキシコ・キューバ、コロンビアを歴訪したことが問題化した。例えば5月11日の衆院農林水産委員会では、責任者が国内にいなかったことについて批判を浴びた。だが、赤松農水相は

  「私ひとりがいなかったからといって、いささかも支障があったとは理解していない」

と反論。さらに、感染が集中している川南(かわみなみ)町を「かわなみ」と言い間違え、質問に立っていた自民党の江藤拓議員(宮崎2区)が「せめて地名ぐらいは正確に読んでください」とあきれる一幕もあった。

 これ以降も、宮崎県民を失望させそうな発言が連続する。

 5月18日の会見では、対応の遅れが進退につながるかどうかを問われ、

  「やってきたことについては、全く、そういう反省するところ、お詫びするようなところはないというふうに思っている」

と断言。翌5月19日の会見でも、記者から「何が遅れたと思うか」と問われ、

  「僕、ご批判を受けることは全く構いませんけれど、例えば、じゃあ、『この時点で、20日の時点で、何々しなかったことがこういうふうになった原因じゃないか』と言われるなら、どうぞ、そう言ってくださいと。だけど、みんな具体的に何も言えないんだよね、聞くと」

などと独自の主張を展開した

■「開き直り!自己正当化以外の何者でもない」

 こんな状況に、5月20日の衆院本会議で、前出の江藤議員の怒りが爆発した。この日審議入りした農林漁業6次産業化促進法案について質問に立った江藤議員は、自民党の谷垣禎一総裁は、事前の予定をキャンセルして4月28日には現地入りしたのを引き合いに、

  「大臣が初めて現場入りしたのは5月10日。現場から遠く離れた宮崎市までしか足を運ばなかった」

と批判。一連の答弁については、

  「対策本部長ですよ!いささかの責任感もない!まさに開き直り!自己正当化以外の何者でもない」
  「農民の苦しみを、ご自身の苦しみとして感じることができなかった。そのことが蔓延拡大の大きな原因のひとつだったと確信している」

などと声を荒げた。さらに、

  「ある酪農家では、最後に、一番うまい最高のえさを与えてやり、体をブラッシングしてやって、乳房を拭いてやって、その後、一頭一頭、最後の別れを告げて、その目の前で、次々と殺処分されていったんですよ?畜産農家の目の前で倒れていったんです。その気持ちが分かりますか?そのあと私に、電話をいただきました。『大臣を、この場に連れてこい。そして一頭一頭、大臣の手で、銃で撃ち殺させろ。そうすれば、おれたちの気持ちも少しは伝わるだろう』。声を震わせておられました」

と、現地の窮状を訴えた。これに対して、赤松農水相は口蹄疫問題については約6分間にわたって答弁したものの、終始手元の紙に目を落としたままで、これまで政府が行ってきた対応と、今後の対応予定を読み上げるにとどまった。

■自民党は不信任案決議案の提出も検討

 5月18日の記者会見での発言については、

  「記者から辞任に関する考え方を問われたため、私は『批判があれば受け止めるが、私自身、農林水産大臣として、状況に応じ、適切な防疫措置及び、経営支援対策を講じてきた』ということを述べたものであります」

と棒読みした。

 赤松農水相をめぐっては、自民党の小野寺五典・外交部会長(宮城6区)が5月19日に衆院外務委員会で「大臣の責任を追及する」と宣言。自民党は、赤松農水相への不信任案決議案の提出も検討している。公明党の山口那津男代表も、5月18日の党内の会議で「対応を怠り、後手に回った責めは厳しく問われなければならない」と、批判を強めている。

 このように野党側は、攻勢を強めたい考えだが、与党側も、一枚岩とはいかないようだ。

 社民党の重野安正幹事長は5月20日の会見で、

  「初動対応の遅れはあったのだろう。政府にその分の責任は、当然ある」

と、赤松農水相の責任に言及した。

 さらに、TBSは5月20日朝、5月19日夜に民主党幹部が明かした話として「赤松農水相が外遊中に海外でゴルフをしていた」などと報じた。

 これに対して、赤松農水相は、

  「怒りに震えているね。あり得るわけがないじゃん、そんなことは。(外遊に)行った人は職員を含めて10名ぐらいいるんだから、その人たちに聞いても分かるし」

と全面否定した。

 TBSの5月20日正午前のニュースによると、情報源であるはずの民主党の幹部も、20日朝になって「伝聞だった」などとして、具体的な根拠はなかったことを明らかにしたという。これを受けてTBSは、「発言に対する裏付け取材が不十分だった」として番組内で陳謝した。

 この民主党幹部は「この時期での外遊は問題だ」との認識を示していたといい、身内からも「弾が飛んでくる」という危うい状況にあることが浮き彫りになっている。


■関連記事
口蹄疫問題にネットの怒り 募金活動に800万円集まる : 2010/05/13
東国原知事VS記者団 「ケンカ」の一部始終 : 2010/05/19
宮崎で口蹄疫「非常事態宣言」 東国原知事 : 2010/05/18
「キャプテン翼スタジアム」横浜にオープン! : 2010/05/14
上限は月7万円 「借上社宅制度」を設けるライブドア : 2010/05/18

<訃報>岩崎巴人さん92歳=日本画家(毎日新聞)
原田大二郎「吉田松陰の教え説く」…参院選出馬会見(スポーツ報知)
<指定薬物販売容疑>ラッシュ9千本密売か、警視庁が男逮捕(毎日新聞)
<ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
阿久根市長に市民から批判、リコール求める声も(読売新聞)
スポンサーサイト
line
 米軍普天間飛行場移設問題で、沖縄県の県議や市議ら8人が17日、鹿児島県徳之島町を訪ね、同町役場で高岡秀規町長に飛行場機能の一部受け入れを求めた。

 町長は拒否した。徳之島3町のうち、伊仙、天城両町長は面会に応じなかった。

 訪れたのは当間盛夫県議らで、「普天間機能の5%、10%の訓練移転だけでも徳之島に受け入れてもらえないか」と求めた。高岡町長は「沖縄の負担軽減は真剣に考えたいが、徳之島では一切受け入れられない。断固反対だ」と答えた。

包丁つきつけコンビニ強盗未遂 容疑の自衛官逮捕(産経新聞)
踏切内に乗用車進入、JR川越線9本運休(読売新聞)
ドリームジャンボ 発売始まる 銀座では300人が列(毎日新聞)
「半農生活」農園選びが大切 指導者・距離・広さ、ポイント(産経新聞)
首相、知事会長に協力要請「沖縄の負担を少しでも軽くしたい」(産経新聞)
line
 民主党の横粂勝仁衆院議員(比例南関東ブロック、当選1回)は11日、国会内で記者団に、鳩山首相と小沢幹事長の辞任を求める考えを表明した。

 横粂氏は「民主党は期待していた姿とは違った方向に、第2の自民党に近づきつつある。政治とカネと普天間(飛行場移設)の問題で、(首相と小沢氏の)2人について厳しい批判をいただいている。そこを抜きにして、民主党は生まれ変わることはできない」と述べた。

 「小沢チルドレン」とも呼ばれる民主党の1回生から執行部刷新を求める声が公然と出るのは異例だ。

<普天間>北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請(毎日新聞)
たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)
東京23区などで震度3(読売新聞)
<厚労省独法>12道県で不適切会計 地方業務委託巡り(毎日新聞)
<公選法違反>愛知・美浜町議に罰金刑…名古屋地裁判決(毎日新聞)
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。